ニュース詳細

陸自大久保駐屯地を視察 新生奈良研究会

陸自大久保駐屯地を視察 新生奈良研究会

県内政財界のリーダーらで組織し、県発展のための識見を深める「新生奈良研究会」(奈良日日新聞社主管)の研修会が23日開かれ、県南部を襲った3年前の紀伊半島大水害で救助活動や復旧作業に貢献した陸上自衛隊大久保駐屯地を視察した。参加した30人は、災害など有事の際、河川に渡す浮橋をはじめ、自衛隊の装甲車や設備の説明を受けた。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み