ニュース詳細

「教える」ではなく「学び」の専門家に、新生奈良研究会教育研修会

「教える」ではなく「学び」の専門家に、新生奈良研究会教育研修会

県の発展を目指し、政治、経済など各界のリーダーらが識見を深める「新生奈良研究会」(奈良日日新聞社主管)の教育研修会が18日、奈良ロイヤルホテル(奈良市法華寺町)で開かれ、会員ら約50人が出席した。すべての子どもに学校での居場所の提供に校長として9年間取り組んできた前大阪市立大空小学校長の木村恭子さんと知的障害のある人の地域生活支援のあり方について研究するインクルーシブ(共生)研究所長で元大阪市立大学教授の堀智晴さんが講演。木村さんは「教師は教える専門家ではなく、子どもから学ぶ『学びの専門家』にならなければらならない」と熱く語った。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み