ニュース詳細

医療提供体制実現へ 渡邊県医療政策部長が熱弁 新生奈良研究会

医療提供体制実現へ 渡邊県医療政策部長が熱弁 新生奈良研究会

 県の発展を目指し、政治、経済など各界のリーダーらが識見を深める「新生奈良研究会」(奈良日日新聞社主管)の9月例会講演会が2日、奈良ロイヤルホテル(奈良市法華寺町)で開かれ、会員ら約60人が出席した。県医療政策部の渡邊顕一郎部長が「県の医療提供体制について〜地域医療構想の策定に向けて〜」と題し、講演。団塊の世代が75歳以上となり、3人に1人が65歳以上となる平成37(2025)年を見据え、県が現在策定に向けて準備を進める「地域医療構想」や医療提供体制構築に向けた取り組みなどを紹介した。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み