ニュース詳細

「逆境は誇り高きもの」 辻本カプコン代表取締役会長講演に90人 新生奈良研究会新春例会・記念講演会

「逆境は誇り高きもの」 辻本カプコン代表取締役会長講演に90人 新生奈良研究会新春例会・記念講演会

 県の発展を目指し、政治、経済など各界のリーダーらが識見を深める「新生奈良研究会」(奈良日日新聞社主管)の新春例会・記念講演会が2日、奈良ロイヤルホテル(奈良市法華寺町)で開かれ、会員ら約90人が出席した。記念講演会では高取町出身でカプコンの代表取締役会長兼CEOを務める辻本憲三氏が、講師を務めた。辻本氏は早くに父親を亡くし、苦学して定時制高校を卒業。それでも「逆境は誇り高きもの」の思いで、その後創業したカプコンを世界的なゲームメーカーに育てた自身の半生を振り返った。米カリフォルニア州ナパバレーにあるワイナリーのオーナーでもあり、ワインづくりへの思いも語った。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み