ニュース詳細

奈良から世界に家族の役割問う 映画「かぞくわり」、葛城市で撮影スタート

奈良から世界に家族の役割問う 映画「かぞくわり」、葛城市で撮影スタート

 映画製作を介し地元を元気に―。大和郡山市出身の映画監督・塩崎祥平さん(37)の映画「かぞくわり」の撮影が今月1日、葛城市の當麻寺で行われた。本格的な撮影はまだ先だが、この日は女優やエキストラが集まり、同寺一体で開催されたイベント「葛城発信アートFAIR」と絡めた先撮りが行われた。クランクインに向け尽力する人々や、監督の思いから見えてくる本当の地域映画のあり方とは。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み