ニュース詳細

住民参加型の新喜劇 10月、野迫川村で開催 「国文祭・障文祭なら2017」

住民参加型の新喜劇 10月、野迫川村で開催 「国文祭・障文祭なら2017」

 「第32回国民文化祭・第17回全国障害者芸術・文化祭」の一環として10月7日、一般参加型の吉本新喜劇「〜秘境に鼓舞する文化の風〜文化芸能の交流、吉本新喜劇in野迫川村」(文化庁、県、野迫川村など主催)が、野迫川村公民館(同村中)で開かれる。入場無料。7月27日には県庁で制作発表会見が行われ角谷喜一郎同村長、同劇で座長を務める吉本新喜劇の石田靖さんらが出席し、抱負を語った。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み