ニュース詳細

年々増加するインバウンド 関連業界での対応いかに 外国語対応や人手不足…課題山積

年々増加するインバウンド 関連業界での対応いかに 外国語対応や人手不足…課題山積

 円安や観光ビザの緩和などにより、ここ数年、全国的に急増しているインバウンド(訪日外国人旅行)。奈良を訪れる外国人旅行客も年々増加しており、平成28年度には年間約165万人を記録、近く200万人を上回る勢いで伸びている。一方で、しばしば指摘される県内での観光消費額の伸び悩みに加え、課題も。インバウンドで沸き立つホテルやバス業界では、外国語対応や人手不足などの対策に追われている。関係者らに話を聞いた。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み