ニュース詳細

工業ゾーンの創出へ 県と田原本町が連携協定 十六面・西竹田地区に

工業ゾーンの創出へ 県と田原本町が連携協定 十六面・西竹田地区に

 県と田原本町は24日、同町の十六面(じゅうろくせん)・西竹田地区に工業ゾーンを造るための連携協定を結んだ。同日、県庁で締結式があり、荒井正吾知事と森章浩町長が同協定に込めた思いを語った。工業ゾーンが造られようとしているのは、近鉄田原本駅から北西に約1繊京奈和自動車道西側の約21・8任離┘螢◆8と同町は同地区に工業ゾーンを造ることで、働く場を作り、地域の活性化につなげたい考え。このエリアの地権者は73人で、同町はすでに全員から用地買収についての合意を得ている。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み