ニュース詳細

「なら悩める教職員・相談の会」設立 故西川先生の意思引き継ぐ

「なら悩める教職員・相談の会」設立 故西川先生の意思引き継ぐ

 ボランティアで教職員からの相談を受ける民間組織「なら悩める教職員・相談の会」(愛称=ちかし会、浅田芳正代表)の設立総会が9日、同会事務所(奈良市芝辻町)で開かれ、元教員ら発起人約10人が出席し、決意などを語った。同会設立の経緯は約1年前、学校法人奈良学園理事長で元県教育長の故西川彭氏が浅田氏に「悩める先生を救う民間組織を作れないものか」と提案。その後、浅田氏が協力者を募って少しずつ準備を進め、この日に至った。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み