ニュース詳細

東海奈良県人会ふるさと訪問旅行 唐古・鍵遺跡史跡ミュージアムなど巡る

東海奈良県人会ふるさと訪問旅行 唐古・鍵遺跡史跡ミュージアムなど巡る

 東海奈良県人会(堀井孝洋会長)は14日、恒例の「ふるさと訪問旅行」を行い、会員ら26人が大神神社(桜井市三輪)や唐古・鍵遺跡史跡ミュージアム(田原本町阪手)などを巡った。唐古・鍵遺跡史跡ミュージアムでは、森章浩田原本町長も駆け付け、「奈良の現状を知ってもらい、ふるさとを愛する気持ちをあらためて感じてもらえたら」とあいさつ。町の職員や展示ボランティアガイドスタッフの案内の下、約2000年前の弥生時代の生活文化などを学んだ。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み