ニュース詳細

心ゆくまで銘酒味わう 秋の恒例行事「豊祝会」に800人 豊澤酒造

心ゆくまで銘酒味わう 秋の恒例行事「豊祝会」に800人 豊澤酒造

 老舗酒蔵の奈良豊澤酒造(奈良市今市町、豊澤孝彦社長)は19日、秋の恒例行事「第27回豊祝会」(会長・西口廣宗南都銀行相談役)を奈良春日野国際フォーラム〜IRAKA〜(同市春日野町)で開いた。これまでで最多の約800人が参加し、同蔵の銘酒を心ゆくまで味わった。同会は、同蔵の「大吟醸豊祝」が全国新酒鑑評会で3回目の金賞を受賞した平成4年から毎年開催している。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み