ニュース詳細

高齢化で増える耕作放棄地 奈良の田園風景を守れ!

高齢化で増える耕作放棄地 奈良の田園風景を守れ!

 高齢化や過疎化による人手不足などで、過去1年間耕作されることがなく、今後数年の間に再び耕作する意思のない農地とされる耕作放棄地(遊休農地)。2015農林業センサス(平成27年2月調査)によれば、全国の耕作放棄地面積(土地持ち非農家を含む)は約42万3000任如■鞠前と比べ2・7万如複供Γ検鵝冒加、県の耕作放棄地面積は3633任如同比38如複院Γ院鵝冒加している。今後も全国的に耕作放棄地が増えることが予想されるなか、田原本町と県行政書士会(末廣元孝会長)が関西初となる「遊休農地等対策に関する協定」を締結した。奈良の豊かな田園風景を守る動きを追う。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み