ニュース詳細

国内外合わせ1450人が熱戦 国際ゴールドマスターズ奈良大会

国内外合わせ1450人が熱戦 国際ゴールドマスターズ奈良大会

 35歳以上のアスリートが集まる陸上・水泳競技の国際大会「2018国際ゴールドマスターズ奈良大会」(国際マスターズ競技連合主催)が10月27、28日の2日間、ならでんフィールド(鴻ノ池陸上競技場)=奈良市法蓮佐保山=とまほろば健康パークスイムピア奈良(県営プール)=大和郡山市宮堂町=で開かれた。国内外から2競技合わせて約1450人が出場した。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み