ニュース詳細

大和ハウス奈良工場を見学 新生奈良研究会・視察研修会

大和ハウス奈良工場を見学 新生奈良研究会・視察研修会

 県の発展を目指し、政治、経済など県内各界のトップリーダーで構成する新生奈良研究会(奈良日日新聞社主管)の視察研修会「大和ハウス奈良工場と住まいまるごと体験館見学」が16日、同工場(奈良市西九条町)で開かれた。会員約30人が参加し、生産工場などを巡った。同社奈良工場は昭和40年に操業開始。戸建住宅や事業用建築の鉄骨製品やパネル製品の組み立てなどを担う。敷地面積は甲子園球場約4個分の15万9500平方叩

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み