ニュース詳細

蔵人手づくり 酒樽門松 梅乃宿酒造

蔵人手づくり 酒樽門松 梅乃宿酒造

 明治26年創業の老舗酒蔵「梅乃宿酒造」(葛城市東室、吉田佳代社長)の蔵人2人が12月28日、迎春準備として、大きく「梅乃宿」と書かれた酒樽を使って門松2対(計4本)を手づくりした。10日ごろまで同社清酒蔵と物流センターの入り口付近に飾られる。門松づくりは10年以上続く同社の恒例行事。年々認知度が上がり、地域の風物詩として親しまれている。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み