ニュース詳細

市民交流創造の好機、庁舎建て替えラッシュ

 まちの顔となる庁舎の建て替えラッシュが始まっている。県内でも橿原、大和郡山、桜井、大和高田、五條など各自治体で建設計画が着々と進行。住民サービスを提供する基幹的な施設で、災害時の支援活動の拠点でもある庁舎だが、重要なのは新たな市民交流の拠点となることだ。近年、特色ある新庁舎整備を行った県外の自治体などを例に、新たな庁舎の在るべき姿を探った。

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み