悠言録

 脱原発を争点の一つに掲げ、東京都知事選へ細川護煕元首相(76)が立候補することを表明した。これに呼応して小泉純一郎元首相(71)も全面的に細川氏を支援することを表明。同選は混とんの様相を見せている▼非自民系として誕生した細川内閣の組閣は平成5年8月。先日、成人式を迎えた20歳の若者らが生まれた年に当たる。一度政界は引退したものの、20年を経て表舞台への再登場だ▼13日、奈良市立大安寺西小学校では市内初となる「校区成人式」が開かれた。「地域」の最小の核・小学校区を支えてきた地域の大人たちが、大人の仲間入りを果たす新成人らを祝し、地域を担う次世代の人材への自覚を持ってもらい、そのバトンを渡したいと企画した▼新成人が生まれた年、わが国は既に不況の真っただ中にあった。最近では「サトリ世代」と呼ばれる何も期待しない、何も求めない達観した若者の存在が指摘されている▼なぜ「悟る」のか。表舞台に若者が出てこようとしないのか、はたまた狃先輩瓩慮縮鮖代が長すぎるのか。細川氏の出馬表明と今年の成人式の因果関係は、この国の世代間のいびつさを感じざるを得ない▼今年、成人を迎えた若者は全国で121万人で、統計開始後最も少なく、ピーク時(242万人)の半分にまで落ち込んでいる。社会の歯車を担うわれわれ大人が、若者に希望を持たせることができているのか―。この機に自省したい。(染)

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み