悠言録

 いよいよあさって22日に投開票を迎える衆院議員選挙。10日の公示以降、各立候補者が街頭に立ち、支持を訴える▼狎権選択瓩最大争点の今回の衆院選だが公示日以降、選挙以外の事象で気になることが多すぎる。東名高速でワゴン車が大型トラックに追突され夫婦2人が亡くなった事故で、追突事故を引き起こした容疑者が逮捕された。執拗(しつよう)なあおり運転を続けていたという▼福井県の中学校では、2年の男子生徒が飛び降り自殺した問題で、担任や副担任がしつこく叱るなどしていたことが発覚した。いずれも6月と3月に起こっていたこと。容疑者も学校側もうそをつき続けていた▼新型リーフを発売したばかりの日産自動車ではずさんな検査、神戸製鋼でも品質不正問題が明らかになった。いずれも日本の大手企業である。国内外のイメージダウンは計り知れない▼その神戸製鋼に3年間勤務していたのが安倍晋三首相(自民党総裁)。党の公約では「この国を、守り抜く。」をスローガンに掲げているが、前述の事件などを連日耳にするたびに、実際に日本は政治によって本当に守られているのかと疑ってしまう▼世論調査で「安倍首相は口だけ」と言った意見もあった。トップがうそつきだから、身勝手だから、世間もそれでいいという風潮が生じることだけは御免こうむりたい。選挙後の政権党には公約を必ず実現してもらいたいものだ。(虎)

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み