悠言録

 「日本で一番賢い大学と言えば」と質問されると、あなたはどう答えますか?おそらく多くの人は「東京大学」と答えるかも知れない。では、2番目は?▼先日、知り合いの大学職員との会話の中で出てきたのがこの話題。1番目となれば候補も限られてくるが、2番目だと、その選択肢の幅は広がってくる。3番目となれば候補もさらに…▼先ほどの「一番賢い大学と言えば」の質問を海外の人に聞くと、やはり「東京大学」と答える人の方が多い。しかし「2番目は?」と同じように質問すると、日本人ならいくつか出てくる大学名も、海外の人からは出てこず、「分からない」と答える人が多い▼日本では気にする人も多い「学歴」も、海外の人からしたら大したことのない内容。先ほどの大学職員も、学歴コンプレックスを持つ学生らに、海外へ一度行くことを勧めている。本当に大切なことを知ってもらうために▼今号の4面に台湾ウィンタートライアウトの記事がある。世界中の野球リーグと契約できるチャンスが待っている同プログラムだが、ただ台湾へ野球をしに行き、結果だけを見てもらうための場ではないと感じる▼今とは違う環境に立ち、文化や考えに触れることで気付くこともたくさんあり、その気付きが自身の成長の糧となる。当たり前だと思っていたことも固定概念だったと痛感し、さらには本当に大切なことに気づく機会になるかもしれない。(佑)

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み