悠言録

 衝撃的な映像だった。上から頭を抑えられた男性が、煮えたぎる鍋に顔を突っ込むというもの。誰も止めなかったのだろうか。周囲からは笑い声すら聞こえてくる。あまりの熱さに、男性は体をのけぞらせた▼この映像が撮られたのは、3年前の忘年会でのこと。芸能事務所の男性社長が被害を受けた男性社員に対し、「クライアントさんもいるんだから面白いことやれ。鍋に頭、突っ込めよ」と指示したという。もはやパワハラの域を超えた、まぎれもない傷害だ▼被害男性はこの事件のあった翌日、救急外来を受診。後遺症などが残る可能性のある「顔面第2度熱傷」などと診断された。この社長は同日、被害男性の自宅を訪れ、「お前、自分から(鍋に)顔突っ込んだんだよな。何日後から仕事できるの?2、3日後にはできるでしょ」と言葉を掛けたという▼酔いがさめた後でさえこの言葉。そこには、まったく反省の色が見られない。この社長には、悪いことをしたという自覚すらないのだろう▼さて、今年ももう12月。忘年会の季節がやってきた。来週末あたりから忘年会ラッシュが続くという人も多いだろう。ほかにも、クリスマスや年末休みにと、何かとお酒を飲む機会が増える時期だ▼お酒にはトラブルがつきもの。いくら酔った勢いや、その場を盛り上げるためとはいえ、先ほどの社長のように、人を傷つけるようなことがあってはならない。楽しいお酒にしたい。(加)

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み