悠言録

 東大阪市の路上で、危険な運転をする自転車(ロードバイク)の男に、自動車を運転していた男性がクラクションを鳴らし注意したところ、逆ギレされ自転車を自動車にぶつけられ傷つけられる事件が発生した。自転車男はそのまま逃走、男性に追いつかれたものの、逆に男性が暴行された▼現場は東大阪ジャンクションから北へすぐの場所。自動車のみならず自転車利用者も多く、歩道には自転車専用レーンも設けられており、わざわざ自動車道を走行する必要はない。自動車道の走行は身勝手であり注意されてしかるべきだ▼千葉県野田市で小4女児が自宅で死亡し、傷害容疑で両親が逮捕された事件で、父親がキレたことで同市教育委員会が、助けたアンケートの回答を渡していたことも明らかになった▼昨今、逆ギレによる事件が後を絶たない。昨年6月の東名高速道路で夫婦2人が死亡したあおり運転による事故も、サービスエリアで注意されたことに腹を立てての行動だった▼逆ギレとは、心理学的には自己愛者の不安定な自己の防衛的表れだという。他者からすればたまったものではない▼自分の行動がすべて正しいとし、他人をさげすみ、注意されれば逆上する。そういえば昨年、国政のトップが森友問題で逆ギレする場面もあった。「他人への思いやり」や「規律をきちんと守る」といった、失われつつある日本人らしさを再構築する必要があるのではないか。(虎)




続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み