1. トップページ
  2. 「凛と咲く」一覧
  3. 爐Δ泙い發鵑覆鍬疂Э,

凛と咲く

爐Δ泙い發鵑覆鍬疂Э, - 県農林部次長 角山美穂さん(59)

写真

 かくやま・みほ 神戸女子大学卒。昭和53年入庁。平成24年、農林部マーケティング課長。同26年から現職。

 奈良にうまいもんをつくろう―。平成20年、2年後の平城遷都1300年祭に向け、荒井知事の肝いりで農林部にマーケティング課が新設され、狄疚榲ての観光を創出するプロジェクトを任された。
 まず県産農産物を生かした料理コンクールを実施し、7つのモデルメニューを選定した。そのうえで生産者とシェフのマッチングに奔走した。官民協働でさまざまな施策を行い爐Δ泙い發鵑覆鍬瓩諒Э 覆佞辰靴腓)をけん引した。
 奈良の食の祭典として定着し今年で7回目を迎える「シェフェスタ」もスタートさせた。「食のイベントは人が集まるし、何よりも参加者みんなが笑顔になる」と話す。同イベントは県内のシェフを大いに刺激している。
 来春には、生産者とシェフを同時に養成する「なら食と農の魅力創造国際大学校」が開学する。実践するオーベルジュは今年9月に先行オープンしたばかり。「食プロジェクトの集大成として大きな期待を寄せている」と力を込めた。(藤田茂)

続きは本紙をご覧下さい。

購読のお申し込み